薬剤師は安定性が高いお仕事です

標準

この職業は世間から高給、インテリ、安定、とされているお職種です。
薬剤師の資格は一生利用ができる安泰そのものである資格とされており、一度資格を取得したら生涯に渡り、楽な業務内容に半比例している高給を貰い続ける事が可能になるのです。

結婚などで離職しても、復職・復帰・再就職は他の職種と比べて容易で、中高年やブランクありの場合でも職に困ることなないでしょう。
その安定性と高給であるイメージから、学費がとても高額であり6年も勉学を努めなければならない薬学部に入学をする若者が後を絶ちません。

薬剤師の行う業務は、病院のお医者さんにお薬を説明して売り込む営業系、研究室にて薬の研究をする研究者系、などが有ります。
一番一般的なのが、薬局の受付に座り、患者さんが持ってきた処方箋を参考に、お薬を売り渡す受付系のものです。

ドラッグストアにて白衣を着てお薬を扱っているのも薬剤師です。
薬学部はとても難関な勉学を修めなければならず、留年をしてしまう学生も多々存在しているのですが、その苦労の果てには高給、安定、安全、である未来が約束されているのです。

参考サイト:「薬剤師 復職

留年をしてしまったからもう良い職場には就けない、と暗澹たる気分になるのは気が早く、卒業をして資格が取得できたならばアルバイトであっても時給1500円、2000円もの報酬が貰えるのでお金には困らない生活が送れます。

4

薬剤師になる人

標準

この資格をとる人の傾向として、親族や親も医療系の仕事をしている、という特徴が挙げられます。
勿論、全ての人間がそうだという訳ではなく、あくまでも傾向です。
両親が医者、母親が看護師、実家が開業医、といった家庭を持つ人間が多いです。

家族に医療系の人間がいるので、医療系に親しみがある、または家族から医療系の職業の良さを教わる、親が開業医の場合は家業の薬剤師として勤務をするため、といった理由が挙げられるのですが、実は薬学部の学費にも関しているのです。

薬学部の大学というのは、学費が高いとして有名です。
私立ですと特に高額になってしまい、800万円から1200万円程度が一般的です。
安い学費で質の良い勉学を修めようとすると、かなりの頭の良さが求められます。
優秀な生徒は学費の全額免除、などもあるのでそういった制度を利用すれば良いのですが、特別優秀ではない人間はそういった制度を利用する事ができません。

参考サイト:「仕事辞めたい

このような学費を支払う余裕のある家庭、というと高額な収入を得ている親を持っている事が必要となり、その高額な報酬を得ている人間、というのが医療系の職業に就いている人間に多いのです。
そういった理由から、薬剤師となる人間は家族にも医療系の仕事をしている、というケースが多いのです。

3

薬局により薬剤師に差がある

標準

病院で処方された薬を院外薬局で買い求めることが一般的になり、調剤薬局を利用するようになりました。
私はここで薬をもらうと決めているわけではなく、その時にかかった病院の近くにある薬局を利用しています。
そのためにいくつもの薬局にお世話になるのですが、薬局により対応に差があるなと思います。

私が気に入っているところでは、薬に対する説明をしてくれた後に、薬剤師さんが最近の体調などを聞いてくれます。
薬の処方内容に変化があった時にはしっかりとその理由を聞いてこられますし、先生と一緒に私の体調を管理してくれているという安心感があります。
一度副作用かどうか迷った時があったのですが、電話で問い合わせをしたら、わかりやすく説明してくださり助かりました。

私が残念だなと思った薬局は一度しか行きませんでしたが、待っている人がいなかったのに、薬が処方されるまでに20分ぐらいかかりました。
薬剤師さんが「この薬何やったかな」「聞いたことはあるけど、うちにあったかな」など言いながら探されていました。
よくある病気の薬だったので知らないと言われることに不安を感じましたし、子どもと訪れたのですが置いてあるおもちゃにもほこりがかぶっていました。
働いている薬剤師さんの質によって違うのだと思いますが、薬局も選ばれるのでこういったところは、あまり人が来ないだろうなと思いました。

Pharmacist