今NBAに最も近い日本人バスケプレイヤー、八村塁。

昨年9月に開幕したBリーグのおかげで日本のバスケは過去最大級に盛り上がっていますが、やはりそうなるとバスケの最高峰のリーグであるNBAに挑戦する選手が現れることを期待するのも当然のことでしょう。
13年前、田臥勇太が日本人として初めてNBAのチームと契約し実際にプレーしたことは有名な話ですが、3年前にも富樫勇樹が非保証契約をNBAのチームと結んでいます。

しかし、残念ながら富樫勇樹は開幕前に解雇され、プレーすることは叶いませんでした。
今、NBAでプレーできる可能性のある日本人として注目されているのは渡邊雄太と八村塁の二人ですが、今回は八村塁についてお話しします。

八村塁は、ベナン人の父と日本人の母を持ち、高校時代には明成高校でウィンターカップ3連覇を成し遂げた日本では飛び抜けた才能を持った選手です。
そんな彼は今、NCAA(全米大学体育協会)の1部に所属し、多くのNBA選手を輩出しているゴンザガ大でプレーしています。

今年のゴンザガ大の成績はなんと全米2位。
しかも八村は今年大学1年目にして、NCAAトーナメントという全米一位を決めるトーナメントに出場し、試合の結果が決まった時間帯でしたが実際にプレーをして得点しています。

これは日本人初の快挙でまだ誰も成し遂げたことがないことなのです。
さらに、2014年ドバイで行われたU-17世界選手権で大会得点王(平均22.6点)を獲得し、アメリカのスカウトからも注目を浴びました。
彼が今後さらにゴンザガ大で成長していけば、NBAのドラフトにかかる、またはドラフト外から入団する可能性も十分にあり、期待に胸が膨らみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です