日本ハムファイターズ、斎藤佑樹の崖っぷち奮起を期待します。

甲子園で名を全国にとどろかせた、日本ハムファイターズ斎藤佑樹。
高校時代は甲子園でハンカチ王子として実力、人気ともに最高ランクの投手でした。
日本ハムのど派手な入団会見、札幌ドームを独り占めしたのは記憶に新しいものです。

斎藤佑樹は甘やかされました。
日本ハムに上手く利用されたのではないでしょうか。
練習はあまり好きな方ではないと聞きます。

野球そっちのけで合コンに精を出したり、女性アナウンサーとの交際報道。
斎藤佑樹は、野球をプロを舐めてましたね。
ある程度は通用すると思ったのでしょうか。

同じチームだったダルビッシュや同期の田中将大はアメリカに渡って成功者として、名をはせてます。
斎藤佑樹は2軍でも滅多打ちにされて、1軍当番ももはや使い物にならない状態ですね。
スポーツに限らず、成功するには確実に努力が必要です。
彼は努力を怠った上に遊びの誘惑に負けたのです。

まだ日本ハムからは解雇されていない。
これから、挽回するには並大抵の努力では一人前にならないと思います。
先ずは自分の野球に対する情熱を再確認して覚悟を決めて、練習以外は何も考えないこと。
足腰が少し弱いように感じるので徹底的に足腰をいじめることが大事だと思います。

今期駄目なら解雇の文字が現れてくるでしょう。
彼の奮起を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です