阪神タイガース・藤浪晋太郎選手の現在地と今後。

阪神タイガースの藤浪晋太郎選手は、2012年にドラフト1位で入団した右投げ右打ちの投手です。
高校時代は、高校野球の名門校である大阪桐蔭高校で西武ライオンズに入団した森友哉捕手とバッテリーを組んでおり、3年生の時にはセンバツ、夏の甲子園ともに優勝を果たしています。
阪神に入団後は主に先発として登板し、1年目から10勝6敗の成績を挙げ、その後も球団が誇る先発陣の一角に成長しました。

そんな藤浪投手の武器と言えば、球速と球威です。
190cmを越える身長から投げられるストレートは160キロにも達し、球界屈指のスピードと球威を誇ります。
またカットボールやスプリットなど様々な球種を投げ分け、三振を量産できるのも藤浪投手の魅力のひとつです。

しかし今季は、四死球の多さに悩まされており、プロ5年目にして初めて成績の不振という理由で二軍落ちを経験しています。
その後の復帰登板でも、広島カープを相手に5回途中まで投げ、7四死球を与えてしまいます。
試合後に再び登録抹消となり、現在も二軍で調整を重ねていますが、金本監督はもう一度一軍で登板するチャンスを与えると明言しています。

球速と球威という武器を持っているだけに、コントロールが改善されればさらに進化できそうな藤浪選手。
若いだけに今後の活躍が期待出来る選手と言えそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です