女子レスリング、霊長類最強と呼ばれた吉田沙保里選手の魅力。

霊長類最強と言われた女性は、吉田沙保里選手しかいないのではないでしょうか。
女子レスリングの世界戦で16連覇、個人戦では206連勝を記録しています。
この記録は日本人としてとても誇らしく、なかなか樹立するこのできないものです。

常にトップに立ち続けることは凄いことですが、それと引き換えに人1倍の努力と大きな重圧、自分自身との闘いがあったと思います。
そんな吉田沙保里選手が、2016年のリオデジャネイロオリンピックで、とうとう女王の座を譲ってしまったのです。
申し訳ないと泣く吉田沙保里選手を、私はそんなことない!よく頑張ってきたよ、お疲れ様と思いました。

吉田沙保里選手のお母様は「丁度この色のメダル無かったから良かったわ」と言ったそうです。
どんな慰めの言葉よりも、優しく愛情溢れる素敵なお母様だと感じました。
そのようなお母様の元で育ったから、このような世界で通用する素敵な方が育ったのだなと思いました。

最近は女性としての魅力も増し、バラエティでも活躍されています。
スポーツだけでなく、ざっくばらんとした明るい吉田沙保里選手を見ていると元気が出てきます。

大体のスポーツ選手が、負けてしまうと現役引退する方もいらっしゃるなか、吉田沙保里選手はこれからも世界で戦い続けることを表明しています。
これからも彼女らしく、どのような結果でも堂々と闘ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です