羽生選手を驚愕させた4回転を跳ばないジェイソン・ブラウン選手

フィギュアスケートの世界選手権終了後、優勝を飾った羽生結弦選手がインタービューでもっと口にした名前はアメリカのジェイソン・ブラウン選手でした。
ジェイソン・ブラウン選手は羽生選手と同じ22歳。四大陸選手権、世界選手権とともにアメリカ代表として出場しています。

ジェイソン・ブラウン選手は、4回転を得意とはしておらず、世界選手権ではショートプログラムには4回転を組み込んでいません。
フリーでは一度トライしましたが転倒しています。

4回転を跳んでいないにも関わらず、ショートプラグラムでは93.10と、パーソナルベストを更新して8位につけました。
フリーでは176.47で7位、総合でも7位に入りました。

いまや、4回転ジャンプを跳ばなくては話にならない時代に、4回転を跳ばないジェイソン・ブラウン選手の得点は羽生選手にとって脅威だったのです。
ジェイソン・ブラウン選手のスケーティングの美しさは定評があり、ファンを魅了しています。

大の親日家で日本語を勉強中、インスタも日本語でコメントを載せてくれます。
競技を引退した後には日本に移住し、子供たちの英語を教えたいと考えているそうです。

ボランティア活動も熱心に行い、遠征の先々で、演技後のファンからプレゼントされるぬいぐるみなどを施設へ寄付しています。
女性的なところがあり、あちらなのかな?と思わせることもあります。

ジェイソン・ブラウン選手はファンからとても愛されており、見ているだけで癒されてしまうのです。
引退後は、日本でアイスショーなどにも出演してほしいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です