福岡ソフトバンクホークス、千賀滉大の野球人生

WBCの日本代表侍ジャパンで「お化けフォーク」の持ち主の一躍有名になった千賀滉大投手。
彼はWBCでベストナインに選ばれるなど世界に評価されました。

千賀滉大投手は、福岡ソフトバンクホークスに在籍しており、チームには欠かせない先発ピッチャーの1人です。
150キロを超えるストレートとお化けフォークの組み合わせであらゆるバッターから三振を奪います。

そんな千賀滉大投手の経歴を知らない人は有名校出身上がりだろうと想像する人もいるはずです。
しかし、彼の経歴は全くの逆です。

千賀滉大投手は、ソフトバンクで育成ドラフト4位で入団しています。
もらった背番号は128番でした。
三軍からのスタートでした。

高校までさかのぼってみると、愛知県の無名の公立高校出身で甲子園の出場は全くなく、自分が三年生の時も3回戦ほどで負けているチームでした。
また、千賀滉大投手は高校で野球をするつもりはなかったと言います。

しかし、当時とソフトバンクのスカウトは彼の柔らかい肘などに育てれば素晴らしい投手になる素質を持っていると目をつけてスカウトしました。
他の球団は全く目を付けていませんでした。1年目は徹底的に身体の強化をして球速を上げました。

そして、約6年の時を経て今の彼があります。
無名の投手だった千賀滉大投手は今や日本の宝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です