ユベントス所属DF、イタリア代表のアンドレア・バルザーリ。

アンドレア・バルザーリは、現在イタリアの名門ユベントスに所属するセンターバック(CB)で、同じくイタリア代表のボヌッチ・キエッリーニとともに鉄壁の守備を誇り、BBCの愛称で親しまれています。
アンドレア・バルザーリが当確を現したのは、同じセリエAのパレルモで、イタリア代表にもコンスタントに招集され、W杯にも出場し、優勝メンバーにも加わっています。

その後、イタリアからドイツの名門ヴォルフスブルクに移籍します。
しかし、そこでは全く活躍できず、アンドレア・バルザーリはイタリアへ戻ることになりました。

加わったチームは、イタリア最強クラブのユベントスで、格安の移籍金で加入しました。
移籍金が安かったとはいえ、アンドレア・バルザーリは、すでにピークは過ぎた選手と思われていたため、不要論が多く、どうして獲得したのかと疑問の声もありました。
しかし実際に加入してみると、再び以前の輝きを取戻し、守備の軸として大活躍します。

一度は離れていたイタリア代表にも復活し、アンドレア・バルザーリは、その後のW杯にも出場します。
すでにかなりの高齢であり、いつ引退してもおかしくない状況で、イタリア代表も引退を宣言していました(後に撤回)。
キャリアの終盤に最高のシーズンを送れるよう、応援しています。

なお、ユベントスは6月のUEFAチャンピオンズリーグ決勝に進出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です