ジェイミー・リチャード・ヴァーディ、レスターが誇るイングランド版雑草の星

昨シーズンのイングランドのサッカープレミアリーグ、降格の第1候補と言われながらも並みいる強豪を次々と撃破し、奇跡とも呼ばれた優勝を成し遂げたレスター、その中心として活躍をしたのが今やイングランド代表でも欠かす事が出来ない選手へと成長したジェイミー・リチャード・ヴァーディ選手です。

昨シーズンはプレミアリーグ記録となる11試合連続ゴールを含めてシーズン24ゴールを記録したヴァーディ選手、実はプロ選手になるまでは、医療用の添え木を作成する技師として勤めるかたわら、サッカーを続けていたそうです。

クラブチームが有するジュニアチームやユースチームからトップチームに昇格し、そこからスターダムにのしあがるのが通例となっているプロサッカーの世界では、レスターでプロサッカー選手としてデビューするまで下積みが長かった選手は異例とも言えます。

2012~2013シーズンのデビュー後は瞬く間にイングランドのスターダムにのしあがったヴァーディ選手はまさに、イングランド版、雑草の星と言っても過言ではありません。
今シーズンは開幕から不振だったものの後半からは復調しプレミアリーグ唯一のチャンピオンズリーグベスト8まで勝ち上がったレスター、チームの中心としてここからの活躍に大きな期待がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です