イチローの魅力は人を魅せるプレーにある!

「イチロー」、この名前を聞いてその顔を浮かべることができない人は、少ないのではないだろうか。
現在、安打製造機として、イチローの名は世界に知れ渡っている。
守備では、外野からホームへストライク返球を、ノーバウンドで投げることもある。

また、イチローの正確なキャッチング力は多くのチームの危機やピッチャーのピンチを救ってきた。
守備が終わり、グローブをバットに持ち替え、打席に立つ時にはルーティンの1つでもあるポーズをとる。

そして、ボールを打てばその打球はヒットゾーンに落ちる。
右にも左にも、センターにもどこにでも打ち分けることができる。

イチローの技術をもってすればバットを振り回さずとも、ヒットを打つことができる。
どういうことだろうか。

それは、セーフティバントである。
コツンとボールをバットに当てて、絶妙な場所にボールを転がす。
気づけば一塁に到達し、H(ヒット)の文字を点灯させる。

イチローは、守備と打撃だけではない。
そのような華麗な守備や打撃を魅せるために必要なのは、走力である。

40歳を過ぎているとは思えないほどのスタイルから繰り出されるスピードは、常人では考えられないものであろう。
守備、打撃、走塁、どれをとっても「イチロー」は野球のスペシャリストなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です