三浦知良選手の人生は日本サッカーの歴史そのもの

今では全国で知らない人はいないほどの有名選手でしょう。
三浦知良選手は今年50歳になり、今でもJ2の横浜FCでフォワードとして現役を続けている。

三浦知良選手はJリーグが開幕すると同時に当時のヴェルディ川崎でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせました。
ヴェルディ川崎に入団する前は、中学卒業後にブラジルのサンパウロにわたり、サッカーで武者修行をしていました。

帰国後、ヴェルディ川崎で活躍、その後、海外のクラブチーム移籍をして活躍をしました。
なかでもイタリアのクラブ「ジェノア」でプレイしたことは誰でも知っています。
今では珍しくはありませんが、三浦知良選手はイタリアのセリエAでプレイした最初の日本人選手でした。

海外で活躍後、日本に帰国し、横浜FCに入団しました。
サッカー選手の現役は30代までと言われています。
現役引退が何度もささやかれましたが、現在でも現役でサッカーをやり続けています。

三浦知良選手の偉大さは「三浦知良=日本サッカーの歴史」のひとことにつきます。
日本でプロサッカーが立ち上がった瞬間から活躍し、日本人としてはじめて世界最高峰のリーグでプレイし、日本代表を初のワールドカップ出場に導きました。
出場はかないませんでしたが、彼のサッカー人生がそのまま日本サッカーの歴史といっても間違いではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です