阪神タイガース、鳥谷敬選手が死球で鼻を折りながらも記録更新!

5月24日の巨人VS阪神戦で、阪神の鳥谷敬選手が、顔面付近に死球を受けてしまいまいました。
五回1死三塁で1ボールから吉川の直球が抜けてしまって頭部を直撃したのです。
その場に倒れ込んだまましばらく動けない鳥谷選手、監督も駆け寄り担架も運び込まれて球場内は一時騒然となりました。

それでも自力で起き上がった鳥谷選手は、大量に出血した鼻付近をタオルで押さえながらも、自立で歩いてトレーナーと一塁ベンチへ向かいました。
テレビ放送でも音が聞こえたほどの死球で、見ていた人は「あっ」と息を飲んだといいます。

鳥谷選手は、連続試合出場記録をかけていて、次の試合に出られなければ記録更新がならずです。
結局次の試合は先発を外れてしまった鳥谷選手。
鼻を折ったとその後のニュースでもやっていたので、連続試合出場記録は打ち止めかと思いましたが、金本監督が代打で起用しました。

顔面を覆う真っ黒なフェースガードをつけて登場しなんとか記録を更新しました。
かつて肋骨骨折しても試合に出場したこともある鳥谷選手ですが、鼻を折りながらも代打として試合に出る姿にファンも喜びました。
代打としての成績は振るわず本人も代打出場しても結果を出せなかった自分に悔いたコメントを残しています。

数日後にフェイスガードが外れましたのでスタメン復活もまもなくでしょう。
プロの世界の厳しさを痛感した出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です