広島東洋カープ、ブラッド・エルドレッド選手は日本を愛する最強助っ人!

ブラッド・エルドレッド選手は、アメリカから来日6年目の広島東洋カープの選手です。
なんといっても魅力なのはどんな劣勢ムードからも味方チームに流れを呼び込む196センチ122キロの大きな体で放つ特大のホームランです。

ブラッド・エルドレッド選手は、アメリカ時代はチームを転々としていましたが、広島ではもう6年目。
持ち前の好奇心と行動力で、日本の生活になじみ、今や広島カープに加入する外国人選手の精神的支柱にもなっているのです。

チームメイトからは「カントリー」の愛称でそのおおらかな人柄を慕われています。
ブラッド・エルドレッド選手は、その大きな体で広島の街中をママチャリで走り、娘を日本の小学校に通わせています。
東京遠征中は、一人で山手線に乗り銀座で寿司を堪能したり、とにかく自分の足でいろいろな情報や日本での生活における力をつけているのです。

その前向きな行動力こそが日本になじみ、ブラッド・エルドレッド選手の日本球界での成功を生み出しているのでしょう。
昨シーズンまでは、大振りが目立ち当たったらホームランの代償に空振りや三振も目立ち、調子自体の波も大きく、二軍生活も避けられませんでした。

しかし、今年はオープン戦こそ成績が振るいませんでしたが、見事に開幕に合わせてここまで好調を維持しています。
技術面でも、ブラッド・エルドレッド選手は、打席の状況に合わせて大振りせずにミート重視でホームランだけではなく、レフト線に抜けるタイムリーヒットをコンスタントに打っています。

このまま好調を維持して、驚異の6番バッターとして広島カープ打線の威力を増し、リーグ連覇へ、さらには悲願の日本一達成に貢献します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です