フィギュアスケート、宮原知子選手の演技と性格

今や日本フィギュアスケート女子のエースとなった宮原知子選手。
彼女の魅力は、演技の美しさと性格にあります。
彼女はミス・パーフェクトとも呼ばれているほど競技でのミスが少ないです。

フィギュアスケートを見ていると、どうしてもジャンプが成功するか、という点に注目してしまいがちですが、宮原知子選手はほとんどジャンプミスがないので、彼女の演技そのものを楽しむことができます。
曲の展開に合わせて動きや表情で緩急をつけ、滑らかなスケーティングでどんどん観客を魅了していきます。

次に性格について。
普段の宮原知子選手は非常におとなしく、真面目な性格だそうです。

また、コーチが驚くほど練習熱心でストイックだそうです。
幼いころアメリカへの滞在経験もあり、英語は通訳なしでコミュニケーションが取れるほどで、更に高校時代は全国模試で上位になったこともあるとのことです。

宮原知子選手は高校時代からすでに日本のトップ選手として活躍していましたから、練習も勉学も持ち前の粘り強さで両立させていたのですね。
競技でのミスの少なさは、彼女の日々の練習量があるからこそなのですね。

また、情熱的な演技を見せた後、インタビュー等でははにかみながら言葉を選んで答えるそのギャップに何度も驚きました。
そんな宮原知子選手をこれからも応援していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です