バスケットボールBリーグ リンク栃木、田臥勇太選手

田臥勇太選手は、中学バスケットボール全国大会で神奈川県大道中で準優勝になる。
全国大会で注目を浴びた事により、進研ゼミのCMでアメリカNBAニューヨーク・ニックスのセンターパトリック・ユーイングと共演して話題になった。

田臥勇太選手は、大道中卒業後、バスケット伝統校の秋田県能代高校に進学。
1年性でレギュラーを掴み同級生の菊池、若月と一緒にインターハイ、国体、ウインターカップを制して3冠を達成。

2年、3年と連続して3冠を達成した事により、田臥勇太選手は高校9冠という前人未到の記録を達成しました。
また世界ジュニア選抜にも選ばれ、伝説的なゴール下へのノールックパスで世界を驚かせました。

高校卒業後は、夢であるNBAの舞台に立つことを目指して、田臥勇太選手は日本国内ではなく海外へ挑戦。

途中日本の東芝に入団しその年の新人王にも選出されました。
田臥勇太選手は、その後、再度アメリカに渡米し、フェニックスサンズのサマーリーグからNBAへの挑戦がスタートしました。

ちなみにこの時のフェニックスサンズのポイントガードには、のちにシーズンMVPを2度獲得したスティーブナッシュがレギュラーとして出場していました。

ガードの層が厚い中、田臥の持ち前のスピードを活かしたアップテンポのスタイルが評価さされ、日本人初のNBA選手になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です