メディ・ベナティア選手、ユベントス所属、モロッコ代表DF

ユベントス所属のメディ・ベナティア選手は、以前、ドイツ王者のバイエルンミュンヘンに所属しておりましたが、出番が少なくユベントスにレンタル移籍してきました。
それ以前は同じイタリアのローマの主力として活躍しており、セリエAでも屈指のセンターバックでした。

移籍がうわさされてからも、当初はローマから出ることはないと言ってファンを安心させましたが、態度を一変してバイエルンに移籍したことから、メディ・ベナティア選手はかなりの批判を受けていました。

再びイタリアにもどってからは、主にバックアッパーとしてチームを支えています。
メディ・ベナティア選手はユベントスでも今のところレギュラーとは言えず、控えに甘んじており、先日モロッコ代表から招集された時にも、自分はレギュラーではないから代表の資格はないとして辞退しています。

完全移籍するかどうか微妙とされていましたが、シーズン終了前にして、ユベントスへの正式な移籍が決定しました。

メディ・ベナティア選手は、来シーズンもベンチスタートが多くなると予想されますが、ユベントスのCB陣は怪我も多く、また主力のバルザーリも高齢ということで、いつでも出れるような戦力の選手を所有しておくことは賢明な判断だと思います。

セリエAの戦いも熟知していますので、出番を与えられれば確実に活躍できる選手なので頑張ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です