一岡竜司選手、移籍後に一気に開花したカープの剛腕

広島東洋カープの中継ぎとして活躍している一岡竜司選手。
いまでは今村選手・大瀬良選手と並んで、その顔つきから「カピバラ三兄弟」と呼ばれるなど、すっかりチームになくてはならない存在となっています。

ですが、今村選手や大瀬良選手とは違い、一岡竜司選手はもともと読売ジャイアンツに所属していた選手です。
高校時代はほとんど知名度がなく、専門学校の野球部に入学したという異色の経歴の持ち主です。
入団後は、トップ選手ぞろいの周囲となじむのに苦労したそうです。

しかし、プロ一年目でイースタン・リーグMVPを受賞。
一軍登板経験もあり、順調に成長していた選手でした。

しかし、プロ2年目が終わったところで、FAでジャイアンツに移籍したカープの大竹寛投手の人的補償として、カープに移籍することになります。
突然の通知だったようで、話を聞いた時には涙を流してしまったそうです。

しかし、そんな一岡竜司選手を救ったのが、女房役の石原選手でした。
広島に来てすぐ、石原選手がほかの選手数人を連れて、一岡竜司選手を食事に誘ったのです。

そのおかげですぐにチームになじむことができた一岡竜司選手は、その翌年、強烈なデビューを果たします。
剛速球を武器に、防御率0点台の圧倒的な成績を残しました。

残念ながら肩痛でシーズン通しての活躍はできませんでしたが、そのほれぼれするようなストレートに多くのファンが魅了されたことでしょう。
現在もカープの中継ぎ陣の一員として奮闘中の一岡竜司選手の、これからの活躍に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です