柴崎岳選手の移籍と今後

クラブワールドカップで大活躍し、特に決勝戦であるレアルマドリード戦で2得点を挙げ注目された、鹿島アントラーズの柴崎岳選手。
ヨーロッパの冬市場で海外から必ずオファーが来るのではないかと思っていましたが、その期待通りスペイン、エスパニョーラ2部のテネリフェに移籍することが決定し、柴崎岳選手の今後の成長と共に日本代表のレベルを上げるために是非挑戦してきて欲しいという願いばかりです。

急な動きもあり、柴崎岳選手もバタバタの準備で旅立ったのではないでしょうか。
日本を飛び立ち海外に行くと全く文化も違いますので、まずは時間に慣れることまで難しいと言われています。

そして、食文化ですね。
食べ物自体が全く違いますからね。

チームに合流しても練習は3時間程で、あとの21時間は一人ぼっちになってしまいますから、それは本当に大変な事だと思います。
それを露呈するかのように、柴崎岳選手は不安障害で練習に出れずに部屋にこもるばかりだそうです。

こうなると、しっかりとしたサポートが大事ですよね。
まずは、食べ物、そして日本語が分かり日本の分化を知っている人が近くに居ないと絶対にきついですよ。

チーム内でもサポートを考える言っていますが、早急にしないと精神的に追い込まれ、選手生命まで危なくなりますからね。
まずは、テネリフェという島の生活に慣れて、それからでも遅くないと思うので、しっかりと準備を行いスペインのピッチで暴れて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です