アレックスサンドロ選手、ユベントス所属のブラジル代表DF

ユベントス所属のアレックスサンドロ選手は、本職は左サイドバック(SB)ですが、左サイドであれば中盤も攻撃的なポジションもできるスペシャリストです。

前所属はポルトガルのポルトにおり、そのころからロベルト・カルロス2世と呼ばれるほど将来を期待されていました。
ユベントス移籍食後は、フランス代表SBのエブラがおり、スタメンの機会は少なかったのですが、2016年シーズンから本格的にスタメンを確保しました。

アレックスサンドロ選手の特徴はスピードを生かした攻撃参加に加え、守備力も高く相手の右サイドを封じる能力があります。
またシュートセンスも高く、難しい体勢からゴールを決めたりもします。

アレックスサンドロ選手は大舞台にも強く、古巣のポルト戦でも大活躍し、2点をアシストしています。

能力的に申し分ない選手ですが、ブラジル代表には長らく縁がありませんでした。
というのも、ブラジル代表の左SBにはレアルマドリーのマルセロとアトレティコマドリーのルイスがおり、アレックスサンドロ選手は代表には呼ばれずにいました。

それでも能力が高いことに変わりはなく、ユベントスは欧州チャンピオンズリーグの決勝まで進出しており、今や欠かせない選手になっています。
また、最近ブラジル代表にも呼ばれるようになりましたが、アレックスサンドロ選手の能力であれば驚きはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です