ジャイアンツの今年の投手陣と打撃陣

今シーズンのジャアンツは、菅野を中心とした投手陣がカギを握る気がします。
ひと昔のジャイアンツの勝ちゲームの展開といえば、圧倒的な打撃陣の一発攻勢で一気に前半で試合を支配して勝つパターンが多かった気がします。

また投手陣も、勝ちが計算できる先発陣も多かった気がしますが、近年は、打撃陣も低迷しており、また、投手陣も、シーズンを通じて二けた勝利が計算できる投手が少なくなった印象が否めません。
今シーズンで、二けた勝利が計算できる、投手としては、菅野ぐらいしか思い浮かびません。
かつて、先発要員として投げていた、沢村は、球速はあるが、コントロールに、やや不安があり、安定感を考えると、たとえ、今シーズン先発に復帰しても二けた勝利は厳しい気がします。

今シーズン沢村が先発要員になる事は、ないと思いますが、昨年の様に、抑え投手として、起用されるのであれば、どれだけ、安定した投球ができるかも、重要なポイントだと思います。
あと、左投手では、内海や杉内といった実績ある投手はいるが、この2投手がどこまで、復調できるかも大きなカギになる気がします。

また、ベイスターズから移籍した、山口 俊が、今まで通りの力を出せれば、二けた勝利もできるかもしれません。
また、打撃陣では、ファイターズからFAして来た、陽の活躍は期待したいと思う、打率280以上、本塁打10本は、期待したいと思います。

あと、ギャレットは、最低、打率250以上、本塁打30本を期待します。
坂本、マギーは、長打力を期待して、2人には、打率250以上、30本塁打位の成績を残せれば、かなり得点力は上がると思います。

その他に、ベテランの亀井、村田には、20本塁打位を期待したい。
私の期待通りに投打がかみ合えば、優勝できる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です