来シーズンのジャイアンツの補強

2012年パリーグMVPの吉川投手をトレードで獲得したのを皮切りに、FA宣言していたDeNA山口投手、ソフトバンク森福投手、日本ハム陽岱鋼を獲得、助っ人として元楽天のマギー、メジャーからカミネロを加え、近年にない大盤振る舞いで補強を敢行したジャイアンツですが果たして来シーズンうまく機能するのでしょうか。

まず投手陣ですが、先発は菅野、マイコラス、田口、吉川、山口というローテに加え、内海、杉内、大竹のベテラン投手陣と桜井、高木の若手がおり先発陣は今シーズンに比べかなり充実しています。

加えてリリーフに森福、カミネロが加わったことで、競争が激しくなりこれまでのマシソン、山口、沢村らもうかうかしていられないほど充実したリリーフ陣となっています。

これだけの投手がいれば多少の誤算が出てきてもそうそう大崩れはしないのではないでしょう。
一方野手陣は、陽、マギーを獲得したとはいえ、若干不安を残します。

まず、外国人助っ人ですが、おそらくマギー、ギャレットは確定だろうと思いますが、外国人枠の問題もあり、加えてクルーズなどもいることからかなりやりくりが難しく、飼い殺しの状態になりかねません。

最後に来シーズンの浮沈の一番のカギを握るが陽選手で、彼がもしこれまでの平均値程度に仕事をしてくれれば、すんなりペナントをとれるくらいの成績は残ると思いますが、近年ケガが多いこと、年齢的にもこれから上積みが望めるわけでもないことなどから、うまく機能するのか不安が残ります。

近年は貧打に苦しむジャイアンツですが、来シーズンも野手陣の出来が成績を左右しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です