菅野智之投手と小林誠司捕手のスガコバ・バッテリー

注目していて欲しいのは、プロ野球・読売巨人軍の菅野智之投手と小林誠司捕手の、”スガコバ”バッテリーです。
巨人のエースと正捕手の「黄金バッテリー」は、同級生で、スガコバの相性はバツグン。
勝つ度に「誠司のおかげ」と発言する菅野投手の姿からも、その絆の強さがわかります。

ピンチを切り抜けた時に見せる、ガッツポーズに熱くなるファンも多いはず。
日本中を湧かせたWBCでは、小林捕手は正捕手として(”ラッキーボーイ”)、菅野投手はエースとして世界に挑みました。

皆が固唾をのんで見守った、アメリカとの準決勝は先発として登場。
6回1失点で、その実力を世界に発信しました。
6回表、小林捕手が盗塁を刺したとき、中継を見ていた方は思わず叫びたくなったのではないでしょうか??

惜しくも世界一を逃した侍ジャパンですが、まもなくシーズンがスタート。
多くの侍ジャパンの選手が熱戦の疲れからか、思った成績が残せない中、”スガコバ”は健在。

菅野投手は3試合連続完封を達成。
セリーグで28年ぶりの快挙です。
4試合連続完封とはいきませんでしたが、今季はどこまで勝ち星を積み重ねられるのか、ミモノです。

小林捕手は、打撃が「通常運転化」して苦しんではいるものの、投手陣をどうリードしていくのか、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です