イタリアセリエAユベントス所属、ダニエウ・アウべス。

ダニエウ・アウべスはブラジル人選手ですが、キャリアのほとんどを欧州で過ごしています。
ダニエウ・アウべスが頭角をあらわしたのは、スペインリーグのセビージャです。
彼のポジションはサイドバック(SB)ですが、高い攻撃力に定評があり、積極的に攻撃にも参加します。

そこでの活躍が認められ、スペインの名門バルセロナに移籍します。
ここでダニエウ・アウべスは大きく輝きを放ちます。

バルセロナといえばメッシですが、そのメッシに一番アシストしたのがダニエウ・アウべスです。
メッシとの相性はとにかく抜群で、息の合ったプレーをいつも見せてくれました。

その後契約満了に伴い、イタリアの名門ユベントスに移籍してきます。
移籍当時、ダニエウ・アウべスはバルセロナの幹部と揉めたことを暴露しており、かなり強い口調で批判していました。
ユベントスでも最初は怪我で離脱したもののすぐに主力として活躍し、リーグ戦はもちろん、UEFAチャンピオンズリーグでも大活躍します。

特に決勝トーナメントに進出してからの活躍はすさまじく、準決勝では2試合でユベントスは4点取りますが、その全ゴールに絡む活躍を見せました。
6月の決勝ではレアルマドリードと対戦しますが、知り尽くした相手ですので、ユベントスにとって有益な情報をもたらすでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です