今野泰幸選手のサッカーワールドカップ

サッカーワールドカップロシア予選の試合、UAEとの第2戦がアウェイで行われました。
この試合は日本代表にとって非常に大切な試合でした。
もしここで勝ち点を落とすようなことがあれば、かなり厳しい展開になるからです。

ハリル監督はこの試合を行うにあたって、経験豊富な今野泰幸選手をインサイドハーフとして使いました。
通常はボランチを2枚にする方法を取ってきましたが、フォーメーションを変更し、1枚にしました。
そして、ボランチより前でインサイドハーフとして今野泰幸選手と香川選手と二人で組ませました。

今野泰幸選手の役割は相手のエースのマークと効果的な攻撃参加でした。
守備の面では相手エースのプレーを効果的に抑えていました。
攻撃の点ではリスクを良く見極めてタイミング良く攻め上がっていました。

得点シーンではうまくボールを止め、キーパーをよく見てゴールに流し込みました。
あまりにもフリーすぎて少し緊張したかもしれませんが、ゴールを奪い実績を残したことは本当に圧巻でした。

今野泰幸選手は代表からしばらく離れており、チームメートと一緒にプレーを合わせる機会が数日しかないのにしっかりとあわせてくるとはさすがです。
普段から、あらゆる戦術を良く理解しているから、すぐにフォーメーションが変更されても対応できるのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です