羽生選手も出場の四大陸フィギュア

四大陸フィギュア選手権が韓国で開催されます。
男子シングルスはいつもよりも世界ランク上位のメンバーが出場するのでとても楽しみです。

羽生選手も何年かぶりに出場するということで注目が集まっています。
男子といえばソチオリンピックの頃から4回転ジャンプを種類、回数を多く跳ぶ選手が増えてきました。

バンクーバーオリンピックでは4回転ジャンプを跳ばない選手が金メダルを取り、4回転を跳んでも銀メダルに終わったロシアのプルシェンコ選手が異論を唱えました。

その精神を受け継ぐかのように、羽生選手は今回の大会前に「複数種類の4回転に挑戦する選手に感謝している」と発言しています。
自分も限界のプログラムに挑戦するモチベーションが上がるということ。

誰もが危険を回避して無難にまとめるよりもスポーツなのでより上を目指していくのがアスリート。
何度を下げたプログラムより高難度プログラムに成功して優勝した時の達成感が違うのでしょう。

今回の四大陸フィギュアでは4回転合戦になるのが予想されます。
羽生選手はショート・フリーで3種類の4回転を跳ぶ予定ですが、17歳で4種類跳ぶアメリカの選手もいます。
ここ数年で一気に上がってきた技術をしっかりと見届けたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です