サッカー界のモーツァルト!アーセナルFC、メスト・エジル。

魔法を使っているかのような優雅で品のあるプレイスタイルのため、サッカー界のモーツァルトと称されるスーパースター、メスト・エジル。
メスト・エジルは、ドイツ・ゲルゼンキルヒェン出身のサッカー選手で、現ドイツ代表。
現在はイングランドのプレミアリーグ、アーセナルFCに所属しています。

メスト・エジルのストロングポイントとしては「トラップ」技術と「パス精度」が挙げられます。
足首が非常に柔らかく、基本のインサイドトラップはもちろんのこと滅茶苦茶な態勢からでもボールに少し触れただけでベストの位置にコントロールします。

また、メスト・エジルのパスに関しては正確なだけでなく視野も広大で、よく見られるのは「マイナス」の方向に出すクロスやラストパスです。
DFに正対しながらも足首の角度をちょっと変えるだけでパスの方向、強弱を変えられるトリッキーなプレーも得意で、レアル・マドリード時代の2010ー11シーズンはヨーロッパ全体で最多のアシストを記録しており、フリーランニングも惜しまず、得点力もあります。

あのクリスティアーノ・ロナウドへのアシスト数が歴代で最も多い選手であり、メスト・エジルの華麗なボールタッチとパスの精度は、現役選手の中で最高クラスのもので、現レアル・マドリード監督で元フランス代表のジネディーヌ・ジダンとも比較されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です