加藤順大選手、大宮アルディージャ所属のゴールキーパー

大宮アルディージャ所属ゴールキーパーの加藤順大選手について書かせていただきます。
加藤順大選手は、浦和レッドダイヤモンズユースを経てトップチームである浦和レッドダイヤモンズへ入団しました。
浦和レッズに所属している時にはjリーグで大活躍しました。

加藤順大選手のプレーの特徴としては、ゴールキーパーは普通フィールドプレーヤーに比べてキック精度が劣るのが一般的なのですが、加藤順大選手はゴールキーパーにもかかわらず毎試合素晴らしいキック精度を兼ね備えています。
なので浦和レッズ所属の時には、ミシャ監督のゲームプランにキーパーのキック精度が必要不可欠であり、当時山岸選手とスタメン争いを加藤順大選手が競り勝ちスタメンを維持していました。

そして、ゴールキーパーといえばシュートストップです。
加藤順大選手のセービングは毎試合のように魅力的で素晴らしいものばかりです。
チームが大ピンチの時でも常にいい準備をしていてチームを救ってくれます。

大宮アルディージャがj2の時には開幕戦からスターティングラインナップに常にいて幾度となくチームを助け、大宮アルディージャをj2優勝そしてj1昇格へと導いてくれました。
大宮アルディージャにとってはいなくてはならない存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です