セアド・コラシナツ、アーセナルの新人

イングランドのロンドン北部をホームとする人気のFCアーセナルに新たな戦力が加わりました。
「セアド・コラシナツ」選手23歳。

セアド・コラシナツはシャルケからフリーで移籍した選手ですが、アーセナル監督アーセン・ヴェンゲルからの期待は高まります。
フリーでシャルケから移籍できたのはアーセナルにとってこの上ない幸せでした?実際監督はこう語りました。

「私は彼を見てすぐに素質があると思った。だから彼に会ってみたんだ。そうしたら彼は良い精神でとても良い態度だった。私たちが思い浮かべる理想的な選手だったんだよ。彼との契約は素晴らしいバーゲンだ。こういう契約をもっと見つけたいね」

23歳でプレミア開幕スタメンの座を奪える選手をフリーで獲得できるのは、通常あり得ないことです。

今夏はネイマールのパリサンジェルマン移籍の話題で持ちきりでしたが、ネイマールは2017年現在25歳です。
獲得するためにパリサンジェルマンは何億費やしたのかというとおよそ290憶ですから、アーセナルは買い物上手と言えるでしょう。

しかしセアド・コラシナツの獲得理由は「お買い得」だったからではないのです。
セアド・コラシナツはファールをファールにさせないという体をもつ男なのです。

アーセン・ヴェンゲルは言います。

「彼はナチュラルに強い。暴力とかはなしで身体の力をかなり使うんだ。身体の力がすごいだけだからファウルに見えないんだよ。これはプレミアリーグに適応するために重要な素質だと思う。そして走り続けれられる能力があるんだ。試合の最後の3分の1でも走り続けていられるから、かなり危険な選手だと思うよ。魅力的なドリブラーではないかもしれないけど、走りの質は素晴らしい。彼がプレーするとき、試合に幸福をもたらしてくれるだろうね」

確かにDFにおいてタフさと体力の両方を兼ね備える選手はたくさんいますが、ファウルしないDFはそうそう多くはないですから、ファウルしてもファウルに見えない選手は最強と言っても良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です