西川遥輝選手は俊足1番打者

日本ハムファイターズの選手と言うと、パッと思いつくのはやはり二刀流の大谷翔平選手でしょうか。
WBCの日本代表として活躍した中田翔選手も挙がるかもしれません。

ですが、その影で大活躍している選手が1番打者で出場することが多い西川遥輝選手です。
ご存知でしょうか?
今年25歳となり、更に活躍が期待されます。

昨年、広島カープとの日本シリーズでは実は満塁ホームランを放っています。
大谷翔平選手が劇的なサヨナラヒットを放ったときにホームベースを踏んだのは西川遥輝選手です。
大谷選手や中田選手などの有名選手が活躍する裏で、実は大活躍をしている選手なのです。

西川遥輝選手は智弁和歌山高校の出身で、1年生の春からスタメンとして活躍していました。
内野手として活躍していましたが、プロに入ってからは外野を守ることが多くなっています。

西川遥輝選手は非常に足が速く、一塁ベースまでの距離をおよそ4秒で駆け抜けます。
この俊足のため昨年2016年シーズンは併殺打が1つもありませんでした。
2014年には盗塁王にもなっており、西川遥輝選手の特徴ともなっています。

また、プレーだけではなく外見でも人気があります。
特に女子高生から人気が高く、西川遥輝選手のユニフォームを着た若い女の子が札幌ドームでは多く見られます。

まだまだ若い選手ですのでこれからどんどん活躍してくれることと思います。
有名選手の影に隠れた西川遥輝選手にぜひ注目してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です