乾貴士選手の代表復帰

日本人選手にはあまり向かない、活躍が難しいとされるスペインの「リーガ・エスパニョール」そこで挑戦を続けるのが、乾貴士選手です。
ここ最近ではエイバルでの活躍が評価され2年振りの日本代表復帰も果たしました。

乾貴士選手のプレースタイルは類い稀なるテクニックを駆使し相手陣内の深い位置でゴールに繋がる働きをすることです。
高校時代はセクシーフットボールで選手権を制した野洲高校に所属していました。
華麗なドリブルやフェイント、パスワークを駆使し強豪を倒し続けました。

乾貴士選手は高校卒業後に横浜マリノスへ入団。
Jリーグの舞台でも華麗なテクニックでファンやサポーターを魅了してくれました。

その後、乾貴士選手は活躍の舞台を世界に移し、ドイツを経て2015年シーズンからスペイン1部のエイバルに所属し中心選手として活躍しています。
2017年シーズンにおいてバルセロナ戦で奪った2ゴールは圧巻でした。

その活躍もありW杯アジア最終予選を戦う日本代表にも選出され、キリンチャレンジアップのシリア戦に後半から出場し、その試合でも本田選手からのロングパスをピタリと止めるテクニックや果敢なドリブルを披露し存在感を見せつけました。
最近の日本代表のスタイルはパスを繋ぐスタイルです。
攻撃陣の顔ぶれを見てもドリブルで仕掛けていく選手は少ないです。

そこで今の日本代表においては乾貴士選手のようなプレースタイルを持った選手は絶対に必要です。
引いて守る相手に対してはパスを繋ぐだけでは崩せない場面もあります。

そんな時に乾貴士選手のようなプレーで勢いをつけれると思います。
日本代表に必要な存在、起爆剤となれる選手だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です