「スポーツ」カテゴリーアーカイブ

大田泰示選手は覚醒するのか?

2008年ドラフト、読売ジャイアンツ1位指名選手が大田泰示選手です。
背番号は55番。
松井選手の背番号を引き継ぎ、期待が大きかったことがわかります。

しかし、1軍に定着することなく、2016年も終わろうとしている頃に日本ハムファイターズに移籍となりました。
大田泰示選手にとっては大事な移籍1年目です。

彼は活躍することはできるのでしょうか。
これまでを振り返りながら考察してみます。

大田泰示選手の魅力はその長打力です。
2016年の日本ハム大谷投手から放った特大のホームランを覚えている人も多いのではないでしょうか。

長打力は持って生まれた才能です。
球団やファンもホームランを量産することを期待していました。

しかし、2016年の成績は114打数23安打で打率.202。ホームランはわずかに4本です。
そして、三振が45と目立って多くなっています。

つまり、バットに当たれば長打力が発揮できるのに、バットに当たらない結果だといえます。
この三振の多さを本人も修正しようとしたようで、シーズン中にもかかわらずにバッティングホームを変えました。
そのフォームは小さくかがみこみ、最後までボールを見極めようとする、長距離バッターには似合わないフォームになっていました。

そんな大田泰示選手を見て確信しました。
期待されながら8年間、結果が出せなかったのは、技術的なモノよりも精神的なモノが大きいのではないかと。
なぜなら、三振を恐れてシーズン中にフォームを修正するなど、周りの声や成績から心が揺れ動き迷走しているからです。

大田泰示選手が覚醒するには精神的な強さが必要です。
プレッシャーの多い読売ジャイアンツから移籍し、気分も一新されるでしょう。

そして、なによりも日本ハムはダルビッシュ投手、中田野手を育てたように、選手の育成には定評ある球団です。
大田泰示選手の特徴を活かして、ノビノビとプレーさせてくれることと思います。
これらのことから、移籍1年目、この1年で大田泰示選手の覚醒が見られる可能性は非常に高いと言えます。

稀勢の里を応援していて思ったこと

私は稀勢の里を長年応援している相撲ファンです。
朝青龍全盛期の時代から横綱キラーとして活躍していた稀勢の里ですが、大関昇進までは出世も早かったのですが、横綱になるまでの期間がとても長かったのです。
横綱白鵬より早く横綱になるのではと当時言われていたのですが、白鵬に遅れをとってしまいました。

大関時代から横綱の力はあるのですが、相撲が不器用で腰が少し高いせいで、取りこぼしの相撲が多くて何度も優勝を逃しました。
日馬富士や鶴竜が横綱に昇進していくなか稀勢の里自信が1番くやしい思いをしていたんだろうと思います。
相撲ファンの思いは早く日本人横綱の誕生を待ち望んでいました。

大関のなかで横綱に1番近い力士が稀勢の里でした。
優勝まであと少しの場面が何度もあったのですが、白鵬の壁があり、年間最多勝でありながら優勝がない不運な大関でもありました。

しかし今年の初場所ついに念願の初優勝を成し遂げて日本人力士で久しぶりの横綱が誕生しました。
先代の師匠隆の里も30歳を過ぎてからの横綱昇進をはたしており、おしん横綱といわれていました。

稀勢の里の活躍は先場所も日馬富士戦で大ケガをしながらも奇跡の逆転優勝を成し遂げて相撲ファンに大きな感動を与えてくれました。
これからの稀勢の里の活躍を願っています。

白鵬は稀勢の里の大きな壁

世間は19年ぶりに生まれた日本出身の横綱・稀勢の里の話題で盛り上がっています。
稀勢の里は初場所優勝に続いて、3月場所でも優勝を期待されています。

ただ、そう簡単に優勝させないと、立ちはだかるのが白鵬を中心とするモンゴル人横綱です
中でも白鵬は、様々なスキャンダルや、東日本大震災など、相撲協会の危機を一人横綱として支えてきました。

最近では多少やんちゃなことをしでかしますが、記録が物語っている通り、大横綱なのです。
大鵬の最多優勝記録を抜いたあとは、目標が定まらないのか、優勝回数も減り、また大きなけがで休場することも増えました。

しかし、まだまだ、白鵬には角界というピラミッドの頂点にいてほしいと思ってます。
白鵬自身も稀勢の里が横綱になったことで、張り合いになると話しているそうです。
個人的は白鵬の相撲が大好きですし、絶対に稀勢の里の優勝を阻止してくれると思っています。

白鵬の父親は1964年の東京オリンピックにレスリングの選手として出場しています。
白鵬自身は2020年の東京オリンピックで土俵入りをしたいと語っています。
白鵬は長野オリンピックの開会式で横綱・曙が土俵入りをしたシーンが印象的で心に残っているそうです。

白鵬も父親とは違った立場でn五輪参加を目指しているとのこと、是非実現してほしいと思っおています。
何かとブラック扱いの白鵬ですが、来場所はもっと強い白鵬を見せてくれると思っています。
白鵬自身、4場所優勝がないのは横綱になって初めてとか、来場所は是非優勝してほしいと願っています。

山中慎介、がんばれ世界バンタム級王者!

ボクシングの連続防衛記録13回という日本記録が作られてから随分と時間が経過した。
そうカンムリワシこと元世界ライトフライ級王者、具志堅用高さんが13回の日本記録を打ち立ててからもう37年という月日が流れた。
依頼13回という防衛記録は何人もの日本人王者が挑んだものの届かなかった。

しかし、その13回という記録に今近づきつつある世界王者がいる。そう神の左を持つ男、WBC世界バンタム級王者、山中慎介だ!
山中慎介の左はそれは痛快無比で当たれば必ず倒すという一撃必答のハードパンチャーだ。
昨年の9月16日に幽霊のあだ名で元世界王者のアンセルモレノを痛快な左で倒し7RTKOで11回目の防衛に成功した。

残すところあと2回と迫った。
抜けそうで抜けない記録、いや抜いてはイケないという偉大な先輩の記録。
しかし、記録は抜くためにある。

あの横綱白鵬が偉大な記録、大鵬の32回という記録に並んだ時、何とも私自身寂しい気分になった。
それはやはり巨人・大鵬・卵焼きといわれた昭和の大横綱の記録に白鵬が並んだという何ともそこは抜いてしまったらいけないんじゃぁないかという気持ちもあったけどしかし記録は抜くためにあるのだ。

あと2回で偉大なカンムリワシ具志堅用高の防衛記録13回に山中慎介は並ぶ。
しかしその2回が非常に大変な労作業なのだ。

次の対戦相手は同級6位カルロス・カールソン( メキシコ/26歳/22勝(13KO)1敗)に3月2日東京両国国技館で12回目の防衛戦に挑む。
勝てば具志堅用高の記録まであと1回と迫る。
神の左炸裂でスカッと12回目の防衛戦をKOで決めて欲しい!!がんばれ山中慎介!!

錦織圭選手がATP世界ランキング第5位

1989年生まれ27歳、身長178センチ、体重75キロの日清食品所属の男子プロテニスプレイヤーです。
錦織圭(にしこり けい)さんと読みます。
圭という名前は、錦織 圭さんが生まれた時ご両親が「世界にも通用する外国人でも親しみやすい名前」という事で名づけたそうです。

出身地は島根県ですが高校は、青森山田高等学校を卒業しています。
青森山田高等学校は部活動が全国レベルで多くの有名スポーツ選手を輩出しています。
テニスラケットを持ったのは5歳の時で、小学校4年生の時には全国小学生テニス選手権大会に出場しました。

2001年、錦織圭さんが小学校6年生の時に全国24名の有力選手が集まる全国選抜ジュニアテニス選手権大会で優勝しました。
この大会で私の知り合いが錦織圭さんと対戦したのですが、ボールの早さと重さは別格だったと話していました。
もうこの頃からテニスの天才だったのですね。

そして、錦織圭さんはその大会を観戦しに来ていたテニスプレーヤーの松岡修造さんの目にとまり、「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に招待され参加します。
その後の学生時代は全て好成績を残す素晴らしい活躍をします。

そして2007年にプロへ転向し、2008年ATPツアーで初優勝。
2011年には日本人男子歴代最高ランクの30位にランクし、2014年グランドスラム準優勝、マスターズ1000準優勝、500シリーズ優勝2回に250シリーズ優勝2回の好成績を残し、アジア人男子初のATPワールドツアー・ファイナル出場が決まり、ATP世界ランクは第5位となりました。

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは実に日本人では96年ぶりの快挙となる銅メダル獲得。
錦織圭さんが世界にも通用する力をつける事ができたのは、2013年にコーチに就任したマイケル・チャン氏の存在だと言われています。
マイケル・チャン氏も元プロテニスプレーヤーで1989年にわずか17歳で全米オープンを優勝した世界のトッププレーヤーでした。

錦織圭さんは世界で活躍しているにもかかわらず日本のバラエティー番組「とんねるずのスポーツ王」にコーチと共に出演し、とてもお茶目でおっとりとした愛くるしい姿がまた人気を高めています。
またカメラにサインしている姿が超カッコいいと話題を集めています。

山中慎介、「神の左」を持つプロボクシング選手

帝拳ボクシングジム所属のプロボクシング選手、山中慎介(やまなか しんすけ)選手。
身長174センチ34歳のバンタム級王者。

小中学校時代は野球をしていましたが、プロボクサーの辰吉丈一郎選手に憧れて高校からボクシングを始めます。
その頃からバンタム級で好成績をおさめてきました。

本当は大学時代でボクシングを辞めるつもりでしたが、大学4年の時、不本意な成績を残した事がきっかけでプロになる事を決意します。
山中慎介選手はコンバーテッドサウスポーと思われていますが、元々は左利きです。

その山中慎介選手が繰り出す左ストレートパンチは、分かっていても避ける事ができない絶対的な左パンチを繰り出すので「神の左」と呼ばれています。
現在バンタム級での連続防衛記録を日本歴代2位の12回連続に伸ばし、具志堅用高選手の持つ日本記録の13回連続防衛に王手をかけました。

プロでの成績は、28戦26勝(18KO)無敗 2分、KO率は64%です。
誰にも「神の左」が避けられないようですが、なぜ避けられないのでしょうか?

それは本人の山中慎介選手にもわからないそうですが、独特のタイミングと特別の距離感があるそうです。
バンタム級の階級で左パンチ1発でしとめられる選手は、そういないのです。
山中慎介選手が強すぎて対戦相手が見つからないと言う程、強いプロボクシング選手です。

ゴールデンステート・ウォリアーズのステフェン・カリー

今私が最も敬愛しているアスリートはアメリカのプロバスケットボールであるNBAのスーパースター、ステフェン・カリーです。

私はカリーががルーキーのころから注目していました。
入団当初は童顔でとてもかわいい選手がウォリアーズに入ったなと思っていたのもつかの間、ステフェン・カリーは2度のシーズンMVPを受賞したり、ウォリアーズをチャンピオンに導いたりと、今やNBAの大スターに成長しました。

入団当初は捻挫をよくする選手だったし、正直ここまで人気者でスゴイ選手になるとは予想してなかったです。
ステフェン・カリーのサインをルーキー時代に入手しておいてよかった。
人気すぎて今じゃもらえそうにないし、高くて買えませんよね。

ステフェン・カリーといえばバスケットコートの中央のセンターラインから一歩踏み出したあたりからスリーポイントを放ってそれを簡単に決めてしまうので、相手チームは彼をディフェンスするのがとても大変です。

こんな遠いところからスリーポイントシュートを打って決められたらたまらない。
どんなド派手なダンクシュートを決めても2点しかもらえず、スリーポイントシュートを決める方が3点獲得できるし相手にダメージが大きいです。

ステフェン・カリーは可愛い顔をして、容赦なくスリーポイントシュートを決めることからベビーフェイスアサシンなんてニックネームで呼ばれています。
今やNBAのアイコン的な存在なのでとてもカッコ可愛いステフェン・カリーがバスケットボールをする様を是非、インターネットなり、WOWOWなりで観てみてください。