「スケート」カテゴリーアーカイブ

本田真凜選手シニア参戦!

女子フィギュアスケートの本田真凜選手は、ジュニアでありながらも多くの注目を集めている選手です。
何と言っても、妹が有名な子役の本田望結ちゃんということもあり、また本人共に3姉妹で美女軍団と名高いオスカープロモーションに所属しているなど、話題に事欠きません。

しかし、本田選手を有名にしているのはそんな話題性だけではありません。
フィギュアスケート選手として、豊かな才能と確かな実力を備えているからです。

本田選手を一躍有名にしたのは、2015/2016シーズンの世界ジュニア選手権での優勝でした。
このシーズンはジュニア初参戦でしたが、世界ジュニア選手権初出場にもかかわらず見事優勝、金メダルを獲得したのです。

そして迎えた2016/2017のジュニア2シーズン目の今季、世界女王である本田選手が2連覇を目指して選んだプログラムが、ショート「スマイル」とフリーは「ロミオとジュリエット」でした。

ショートの「スマイル」は、豊かな表現力が持ち味の本田選手にぴったりのプログラムです。
一方のフリーの「ロミオとジュリエット」は、これまでも多くのスケーターたちによって演じられてきた曲。

そんなフィギュアスケート王道ともいえる曲目であっても、本田選手ならどんなロミオとジュリエットを演じてくれるのか観てみたい、と思わせるところが本田選手の魅力かもしれません。

シーズン当初のジュニアグランプリシリーズでは、2戦ともに2位で銀メダルを獲得、ファイナルへ進出しました。
その後の全日本ジュニア選手権では、ジャンプが決まらないなど本人としては不満の残る演技となりながらも、自身初の表彰台となる銅メダルを獲得します。

2度目の出場となったジュニアグランプリファイナルでは、移動中の機内で体調不良となりインフルエンザを発症、優勝候補でありながら棄権となりました。

後日の全日本選手権では、その悔しさをぶつける様に総合で4位の好成績を収めます。
試合後「スケートできることが本当に嬉しかった」と語った本田選手の演技からは、スケートへの愛情を強く感じました。

今季は、これまで長い間日本のみならず、世界の女子フィギュアスケート界を牽引してきた浅田真央さんが引退を表明しました。
浅田さんに続くように、村上佳奈さんも国別対抗選手権のエキシビションで現役引退を表明。

当日、ゲストスケーターとして出場していた本田真凜選手と坂本香織選手から、村上佳奈子さんに花束が手渡されました。
その様子を見ていて、ひとつの時代が終わりを告げ、新たな時代の到来を感じました。

ジュニア世界選手権は2連覇ならず銀メダルを獲得しましたが、この悔しさは来季からシニアに参戦する本田選手にとって、大切な課題探しになったのではないかと感じています。
日本女子の平昌オリンピック出場2枠を目指して、本田選手も新しい時代を彩るスケーターのひとりになると信じ応援していきたいと思います。

メドベージェワ選手が、セーラームーンのコスプレ!

現在フィギュアスケートの世界女王はロシアの17歳、メドベージェワ選手です。
世界選手権やグランプリファイナルは2連覇中。
昨シーズンのメドベージェワ選手は、すべての大会で優勝という輝かしい成績を収めました。

エキシビションでは、セーラームーンの格好で「月に代わってお仕置きよ」というセリフを嬉しそうに言っていました。
スタイルも抜群で、顔も可愛らしくお人形さんのようなのです。

そして、先日「炎の体育会TV」に、メドベージェワ選手は、セーラームーンのコスプレした服で出演されていました。
いろいろなゲームをクリアしていき、すべてクリアすればご褒美が貰えるというもの。
フィギュアチームとして、日本から織田信成さんとジュニアの滝野莉子選手と共に参加していました。

バランスゲームやダンスゲーム、エアホッケーなど体育会TVチームと対決。
ファイナルチャレンジもクリアし、メドベージェワ選手は、念願の回転寿司店でお寿司を頬張っていました。

世界女王は何をするにも全力投球。負けず嫌いが全面に出ていましたが、それをすべて有言実行してしまう強さがありました。
メドベージェワ選手は、負けそうになると「勝つのは私たちよ」と何度も言っていましたが、フィギュアの試合でもそう自分に言い聞かせて挑んでいるのではないかなと感じました。
来季、オリンピックシーズンですが、この強さをまた見せつけてもらいたいです。

大庭雅選手の今後の活躍を応援したい!

女子フィギュアスケートは演技はもちろんですが、選手のメイクも楽しみの一つです。
やはり一般の人のメイクとは全く異なるものですし、女優やファッションモデルのメイクとも違う華やかさがあるので、憧れの眼差しで見てしまいます。

そんな中私は今回初めて見かけた選手なのですが、大庭雅選手に不思議な魅力を感じました。彼女は他の選手たちと比べるとアイシャドウなど落ち着いた色を使用していて、顔立ちも派手なタイプではなく、とても素朴でナチュラルなメイクをしています。

しかし鮮やかなメイクをしている選手たちが多い中でも、決して見劣りすることはありません。
神秘的な美しさを持っていて、雰囲気のある選手に見えます。
そして大庭選手のスケーティングはスポーツや競技として見るのではなく、バレエのような優雅さがあり、舞台を観ているような感覚で目が釘付けでした。

私は技の難易度などの知識はいっさい無いのでその点の分析はできませんし、転倒が数回あったので本人はとても悔しそうは表情を浮かべていましたが、もっと大庭選手の演技を観たいと思える表現力があったことは確かです。
人気のあった選手の引退などで女子フィギュアスケートに少々寂しさが生まれるかと思いましたが、とても楽しみな選手を知ることができました。

氷上のプリンス、羽生結弦の素晴らしさはどこから生まれるのか?

羽生結弦は美しい。
彼にしかできない演技がある。

近年のフィギュアスケートはジャンプが注目されがちであるが、羽生結弦はそれだけではない。
もちろんジャンプは素晴らしい。
世界最高水準のものを持っている。

しかし世界には羽生結弦よりも難易度の高いジャンプを跳べる選手が出てきている。
それでも羽生結弦が表彰台に立ち続けられるのは、全ての構成要素が見事だからである。

演技力も只者ではない。
会場全体を魅了してしまう。
こんなにバランスのとれた選手は他にいないであろう。

美しさと力強さを兼ね備えた、まさに氷上のプリンスと言うにふさわしい。
かつてはスタミナ不足と言われ続けてきた羽生結弦であるが、現在の姿を見ればそんな問題などまるでなかったかのようだ。
並々ならない努力が伺える。

そしてなんといっても彼の人柄がとても良い。
人には優しく、自分には厳しく。
発言ひとつとっても、10代の頃から自分の意見をきちんと述べていた。

実はプーさん好きという一面に母性をくすぐられた女性も多いのではないだろうか。
試合会場にはプーさんのティッシュケースが欠かせない彼。
試合後にはリンクに大量のプーさんのぬいぐるみが投げ込まれるのも、もはやおなじみの光景だ。

男子フィギュアスケート界は今、史上最強の戦いを繰り広げている。
羽生結弦の活躍も含め、来シーズンが今から楽しみである。