「スキー」カテゴリーアーカイブ

高梨沙羅、女子スキージャンプの若きレジェンド

スキージャンプは男子のスポーツ。
おそらく数年前までそのような認識だったと思います。一応、女子も大会がありましたが、ほとんどの人が存在を知らなかったと思います。
そんな中、女子選手たちの必死な活動の成果が実り、コンチネンタルカップがW杯に昇格し、そしてついに五輪の正式競技にでなることができました。

そして、日本にとんでもない中学生が現れたのです。
彼女の名前は高梨沙羅選手。
14歳で大倉山のバッケンレコード、147mを飛んだ映像は記憶にも新しいのでないでしょうか。

それから高梨沙羅選手は、序々に力をつけ2011年に日本の女子選手としては初のW杯優勝を果たし、翌年は総合優勝まで成し遂げます。
国民の期待と感心も日増しに強まり、ソチ五輪でも金メダルも確定的だと思われました。

しかし、結果は4位。
まさかの結果に誰もが落胆したことでしょう。
この頃から高梨沙羅選手はメンタルが弱い、というレッテルまで貼られてしまいました。

だが、高梨沙羅選手は強く、それからもW杯で勝ち星を増やし続け、2017年にとうとう男女通じて最多タイである53勝に到達しました。
20歳の若さでの圧倒的快挙です。
単独トップとなる54勝到達も時間の問題でしょう。

来る2018年の平昌五輪。
高梨沙羅選手はメンタルが弱いというレッテルを返上し、念願の金メダルを獲得してくれると願っています。

葛西紀明選手はスキージャンプのレジェンド

スキージャンプ選手の葛西紀明選手に、とっても萌えています。
試合の中継が始まると、テレビの前をしっかりと陣取り、葛西紀明選手が滑降後に空を飛ぶ姿に集中します。

なぜ、葛西紀明選手は、40代になってもこれほどにスマートで、しかも選手を続けていられるのでしょうか。
巷の40代の男性方々の中には、でっぷりとお腹が出ていて、走ることもできないのではないかと思える方もいらっしゃるのに。

葛西紀明選手が生まれたのは1972年、昭和47年です。
16歳の頃から国際大会に出場し、19歳でオリンピック初出場。
このとき、日本はバブル景気少し手前といったところでしょうか。

その後もずっと選手生活を続けている葛西紀明選手。
オリンピックの選考から漏れたり、選手生活には成績不振な頃もあったでしょう。

絶好調の時は良いかもしれませんが、絶不調のときは、何をやっても絶不調で浴びたことがあったかもしれません。

しかし、何十年も、日本の景気の浮き沈みが激しい中、葛西紀明選手はずっと、ずうっと飛び続けているのです。
尊敬してやまないお方です。

まさに、葛西紀明選手はレジェンドの名がふさわしいと私は心底思っています。
お顔立ちも彫りが深く、私のどストライクゾーン。

しかし、いったい、葛西紀明選手はいつまで現役を続けるのでしょうか。
その間、私はテレビの前でつつましく(?)応援し続けるつもりです。

高梨沙羅選手はオリンピックで金メダルを獲得できる?!

高梨沙羅選手は、世界の女子ジャンプの女王であることは間違いありません。
今シーズンもほとんどの大会で表彰台に立ち、好調を維持しているかに見えます。

しかし、追う伊藤 有希選手がめまぐるしい成長を見せており、優勝を逃すことも多くなってきました。
高梨沙羅選手は優勝することが当たり前というイメージがあるため、優勝できないと「あら?どうしたのかな」なんて思ってしまう、少しかわいそうだなと思います。
ソチ五輪でも金メダル間違いないと言われながら、メダルを獲得することも出来ませんでした。

実力はトップレベルなのに、運がないのかなととも思います。
こんなに長い間、女王として君臨しているのに、オリンピックだけ縁がない選手っていますから、高梨沙羅選手がそんな選手でないことを願います。

今年は20歳になって、化粧も始めて、高梨沙羅選手はとても女性らしくなりましたよね。
以前、番組で化粧をする暇あったら練習したほうがいいんじゃないと言われないように頑張ると話していたのが印象的です。

同じ世代の女の子なら、おしゃれして、男の子とデートしたりしているのに、彼女は競技に専念しています。
化粧したくらいで何も言われる筋合いはないと思いますが、そんないじわるなことを言う人もいるのだなあと思います。

オリンピックシーズンが高梨沙羅選手にとって素晴らしいものになるといいなと思っています。

ノルディックスキージャンプの伊藤有希選手と高梨沙羅選手

いよいよ来年、韓国で平昌オリンピックが開催されます。
ソチオリンピックからあっという間のような気がしますが、アスリートの方たちはオリンピックに向けてたくさんの努力を重ねていることでしょう。

先日、ノルディックスキージャンプの高梨沙羅選手がW杯最多タイに並ぶ53勝という記録を出したばかりです。
彼女の勝率の高さには本当に頭が下がる思いです。
男子の競技者に比べ女子の競技者は少ないもののその中できちんと結果を出していくというのは素晴らしいことです。

今季、急成長しているのが伊藤有希選手です。
初優勝を飾った後、立て続けに4勝まで記録を伸ばしています。

また、高梨沙羅選手と同じ大会での優勝という形も多く二人で切磋琢磨している姿が見られます。
高梨沙羅選手は53勝目を達成した時にも自分に厳しく、「勝ちたいと思った時、勝てる選手になりたい」と言っていました。

高梨沙羅選手は世界選手権ではまだ優勝できていないといいます。
圧勝している高梨沙羅選手でも意外にも自分をコントロールすることがまだ出来ていないのかなと感じました。

ソチでは思うような結果に終わらなかったので、今度こそはリベンジしてもらいたいなと思っています。
伊藤有希選手と二人で優勝争いを繰り広げて欲しいなとも思います。

高梨沙羅選手の決意のあらわれ

女子スキージャンプの第一人者、高梨沙良選手。
ワールドカップでは圧倒的な強さを誇り、現在世界最強の選手ですが、まだ若干20歳。
高梨沙良選手は、少し前までは、まだまだ幼くて素朴な可愛い少女のイメージが強かったのですが、最近は、試合中もメイクをしている為か、とても大人びて見えます。

スキーは、海外での試合が多く、エントリーも外国人選手の方が圧倒的に多い、インターナショナルな競技です。
海外の女子選手達は、試合中でもいつもお洒落をしているので、20歳を過ぎて高梨選手もそれに倣ったのでしょうか?

賛否両論ありますが、私は大賛成です。
それは、充分に実力が伴っているからです。
綺麗になったことにより、さらにパワーアップして迫力が増した気がします。

ソチオリンピックでは、金メダル候補の筆頭でしたが、残念ながら4位に終わり、メダルを獲得することができませんでした。
ワールドカップの優勝を数多く経験している高梨沙良選手にしても、オリンピックという特別な舞台ではかりしれないプレッシャーを感じていたことでしょう。

ここ一番のメンタル面の弱さを指摘された時期もありましたが、日々の努力に裏付けされた彼女の強さは本物です。
外見を磨くことは、さらなる進化にむけて、あらたなステップを踏み始めた高梨沙良選手の決意の表れなのです。

高梨沙羅選手は小柄ながら集中力が凄い!

スキーは、冬のスポーツとして人気があり競技人口も多くいます。
そんな種目の中で、危険と隣り合わせの競技としてスキージャンプが注目されています。

ジャンプ界のアイドル高梨沙羅さんは、若干20歳でありながらワールドカップ歴代最多タイ記録の53勝、シーズン個人総合優勝4回を誇るスーパースターです。
彼女は、身長152センチ体重は45キロという小柄な体型ながら、世界の強豪選手に負けない結果を残しています。

小学校からジャンプを始めて、今や世界的な選手として活躍する高梨さんは、日本を代表するスキー選手と言えます。
そんな彼女は、凄い選手であり何故世界で勝てるのか、理由としていくつか挙げられます。

まず、一つは、ジャンプをする前の助走スピードが、落ちずロスしない踏み切りの良さに繋がっているようです。
小柄な体型は、不利と言われるジャンプですが、高梨さんは助走路での感覚が優れていてスムーズにスピードが乗っています。

また、運動神経も優れていてバランス感覚、競技の修正力と適応力の高さが彼女の特徴です。
その結果、ミスを最小限に抑えられる彼女は、大舞台で大きな失敗がほとんどありません。

高梨沙羅さんは、精神的にもタフで人一倍努力を欠かせない選手です。
集中力も高く、試合になれば、勝つ事にすべてをかけるほど勝負魂を持っています。
高梨さんは、まだまだ若いだけに、今後も大会で優勝する姿を多く見られるはずです。

葛西紀明、スキー大ジャンプのレジェンド伝説

スキー大ジャンプ葛西紀明選手は今でもスキー大ジャンプのレジェンドとしてワールドカップの上位に入るなどして超一流選手です。

葛西紀明選手は一番悔しかったのは長野冬季オリンピックだったと語っています。
なぜならば彼は団体スキージャンプで出場メンバーから外れたからです。

結局、葛西紀明選手が外れた日本代表チームは金メダルを獲得することができました。
しかし彼は補欠メンバーだったのです。

葛西紀明選手は、そこから悔しさをバネにして他の選手の何倍もの練習や肉体改造にも取り組みました。
そして普通なら引退に差し掛かる40歳前後からメキメキと頭角を現し、ソチオリンピックではメダル表彰台に上りました。

普通の他のスポーツは40歳になると引退するスポーツ選手がほとんどですが、葛西紀明選手は、向上心がありもっと、技術を上げたい、もっとスキージャンプで遠くに飛びたいと向上心を持っています。

今では次のオリンピックのピョンチャンオリンピックも出場だけではなく金メダルを狙っていると言うことです。
素晴らしいと同時に末恐ろしく思いました。

人間には限界はあるのかということを葛西紀明選手からは教わることができます。
普通人間は年をとると年のせいにして何事も消極的になりがちですが、彼を見習って向上心をいつまでも持ちたいものです。